4singles2016spinterviewtop

※BALSE&田所けんすけで焼肉、ホルモンパーティーをしながら

田所けんすけ(以下け)】お疲れ様でした~。

【バルス(以下バ)】ありがとう。(笑)

【け】バルスさん、4ヶ月連続リリースということでされましたけれども、配信終えて、終わって今どんな気持ち、どんな心境ですか?

【バ】終わってよかったなあと。ところで、知らない人もいると思うので、、、田所けんすけくんは自分がよく出演している京都和音堂のレギュラーイベント”ZERO RISE”のオーガナイザーなのと、昨年のわたくしBALSE(バルス)のファーストフルアルバム「音楽」内の”NO MORE WAR(Change the Future Remix)”でコラボさせてもらってフューチャリングしてくれたにいやんです。

【け】そうですね。

【バ】いぶし銀のギターをアレ(演奏)してもらった。

【け】あのですね、バルスさんのサウンド。あの、けっこう打ち込みのような、、要するに僕みたいなその生演奏で弾く楽器に対して、電子的な音楽を乗せるというのはわりと最近始めた試みで、まだ不慣れな部分でもあったんですけれども、曲にすごくマッチしていた部分とバルスさんのアレンジのおかげですごく映える曲になったんですよ。

【バ】あれ、すごくアルバムの中で存在感があるんじゃないかなーなんかあの、存在感がありながらも違和感ないし、ね。

【け】そうなんですよ。アルバム全体を聴いた時に、すごくグイッとくる部分があって。基本的にバルスさんの曲ってビートが刻まれているイメージがあると思う。強みやと思うんですけど。そこの中にくいっと踏み込む感じが、すごいメリハリ…それこそ一つのアルバム作品のメリハリになってるんじゃないかなと思います。

【バ】なるほど、ありがとうね。じゃあまず、なんでシングルをなんで俺が4連発でリリースしたかっていう理由、わかる?

【け】俺が感じてるのは、今までやったことないものに挑戦?みたいな。だって…普通にしんどいじゃないすか。

【バ】うん…まあまあ、アタマおかしい(的な)笑

【け】でも、できたじゃないですか。ただ、それをしてどうだったのかという部分もたくさんあったのかなとも思いましたし。

【バ】うん。とりあえずまあ制作し続けていると、プロモーションする時間がなくなることに気付いたりとか、そういうとことかね。そもそも、以前東京でバンドをやってた頃に音楽仲間のパンクバンドが数ヶ月連続でシングルリリースしてて、がんばってんなーと思って、俺もやってみよーと。あと、新人というくくりを何とか脱したいというのもあって。まあ、あと4発とか出しておけば、とりあえずシングル7曲あるんです!と言えるかなと。笑 …そんな感じでやってんけど。

【け】ですね。

【バ】まあご存じの通りわたくし、(音のふり幅が)超幅広いじゃないっすか。

【け】そうですね。

【バ】その幅ってさ、数出さんとわかってもらえへんかなと。その幅を表現したいっていうのもあって。

【け】そうですね、いろんな曲出しましたもんね。

【バ】曲調はバラバラやねんけど。でもやっぱり。。。一応ね、時間というのがテーマでね。

【け】はい、(先日のライブでも)言ってましたね。

【バ】俺の中で、”時間”っていうのは大きなテーマなんかもやけど。永遠もあれば、一瞬もあり。時間との闘いというか、、、時間と向き合って逃げずに、昔の話ばっかりしないで残された時間をがんばってまっとうするっていうのが大事なんちゃうかなと。でもやっぱり、思い出は大事やと思う。

【け】なるほど。

【バ】全部捨てるのはあかんと思うしさ。今までがあるから今がある。今まで出会ってきた人とかも、皆に人生勉強させてもらったんだなと。東京生活というのは遠周りやったかもやけど、実は最短ルートやったかもしれない。全く今、その時に行かんかった方が良かったなんて1mmも思わないから。非常にありがたいという感じで。

【け】なるほどね。それは俺も思ってますよ。経験値として一緒とは言わないですけど。それぞれの積み重ねた財産があるんじゃないですか。だけど、(俺は)東京行って半年で帰ってきた。半年以上にでかいこと見つけた。(恩師に)「帰っていいと思うで。」って言われた。言ってることはすごくわかる。

【バ】でな、今回4つ出したじゃない。それぞれ、召喚したみたいな感じ。

【け】なるほど。イフリート、ダイヤモンドシヴァ、バハムート。。。(ファイナルファンタジーネタ)

【バ】笑 そういう感じで出してんけど、取り急ぎ召喚っ!的な。冷蔵庫の中開けて、取り出せるおかずで何か創ったという感じやねんけど。

【け】はい。

【バ】んー、、、召喚獣ってよりはピカチュウっていうか、ポケモンみたいなもんかな。4つの子供みたいなやつが、それぞれの方向でガッと広がってくれたら、なんかまた新しい出会いがあるかなと。

【け】うん。

【バ】あ、で、なんかね、時代的なもんかもしれんねんけど、思った以上に俺、レトロにハマッちゃって。4連発最後のシングル夏とアイスコーヒーと永遠のMVも80年代にハマってしまって。最終、80年代に哀愁を感じながらも、新しいものをやるという。

【け】あえてのね。

【バ】あとWe can do Anythingで言ってることは、他の音楽者さんていうかさ、けっこう似てる想いの人は多いんじゃないかなって思ってる。結局どんだけお金を稼ごうが、名声を得ようが、永年ずーとみたいな人はほとんどなかなかいないわけで。みんな、諸行無常というか、盛者必衰というかね。残るもんて何やねんて考えた時に、最終的に残るものは、”絆”しか残らない。

【け】今、抱きしめました。

【バ】なんやねんそれ笑 別れたやつですら、やっぱり結局、絆は残るから。いつか、再会できるかもしれんって想いもあるし。再会できた時に、ガツンと胸張って言えるように、がんばろうぜっていうことやねん。なんか思いもよらぬことってあるやん。

【け】ですね。

【バ】そういう時に、どう感じてどうするかみたいな。人生いろいろあれど、やるかやらへんかどっちかという。

【け】そうなんですよ!結局ねバルスさん。いろんな人が、いろんな迷いと、いろんな答えに辿り着くまでのプロセスがあるんで。結局最終、やるかやらんかなんですよ。やると決めたら、やるしかないんです。やるんですよ。で、最終何かというと、全部シンプルなんすよ。全部が。

【バ】うん。

【け】何もかもが、いろんな事を一周すると、、、

【バ】そやな、シンプルでしかないよね。状況が重なると複雑に感じることもあるかもしれんけど、結局は。シンプルに考えた方がいいよね。

【け】…(焼肉を焼きながら)俺悪魔の実あったら絶対メラメラの実喰うと思うんすけど、バルスさんやったら何喰いたいすか?

【バ】エースのやつ?ああ、燃やすやつや。今あれいとこが。。。

【け】いとこがメラメラの実喰ったんすか?

【バ】ルフィと幼馴染みのやつが。。。

【け】サボですか?

【バ】サボか。

【け】そうなんですよ!

【バ】ワンピース詳しいな笑

【け】バルスさん、僕曲全部聴かせてもらったんですよ、4ヶ月出したやつ。トラックが、ちょっと薄い気がするんすけど。。あ、でももしレトロ感に沿ったもんだったらアレですけど。MVとは合ってると思うんですけど。軽いというか。どうしても今(の時代)に追いつけない音の数というか。あえての、例えばミクスチャー★POP☆アドベンチャーとか。あとシングル外の無料作品ですけどシューティングスターとか。あれ?もうちょっとバルスさんならいけんじゃないかーと思ったりした部分あったんですが、あえてなのか結果出てしまったのか。

【バ】あえて的な感じ。

【け】そうなんすね。

【バ】そういうの含めて今回レトロに走りすぎちゃったってのはあるかも。笑 あの頃の、例えばシンディ・ローパーみたいな、、

【け】あ、今の伝わりましたよ。Time After Time♪

【バ】そう、まさにああいう感じを出したかった。濃いけど薄い、、、みたいな。

【け】じゃあ、逆に言うとくみ取れた。

【バ】思ってんけど、音の厚さとか薄さとか、、、も、量創ってくると抜けてきてそこ。技術で言うたら重くしようと思ったらいくらでも重くできるし、軽くすんのもできるけど、何を伝えたいかによって表現しなあかんなと思ってて。シューティングスターで言うたらもう80年代風のバックトラックにシンプルにベタベタなもんを乗せる、、、みたいな。特にスピンオフ作品。外伝みたいなもんやからそんなに力入れずに創れたってのがあるから。ああいう曲もたまに創っていきたい。今回に関してはまあ本丸は三発目の”Nu Skool Rocker”やったんですよ。

【け】あれはね、ガツンとこの世にかましてやるぜ!って感じの曲なんでしょ?

【バ】まあ、、、それプラス俺のアンダーグラウンドな仲間には結局J-Popやりやがって…みたいな奴もいると思うし、キモチもわかる。でも別に牙を無くしたわけじゃなくて、もしろ研ぎ澄ましてるんやけど、居合い抜きでやってるんやで!!!的な。これは普段の俺のライブを直接観てないとちょっとわかりにくいかなと。シングルとかけっこうキャッチーなものばっか出してるからね。。笑

【け】結論じゃあ、僕が感じてたいいなと思うのと、もしかしたらアカンかったんかなと思う部分というのはどうなんでしょ。忙しいって言ってはったから。

【バ】まあ今回は、反省会でもあるんやけど。確かに俺もいろんな反省があって。駆け抜けると、いろいろ問題も起きてくるなと。制作に追われることによるライブへの備えもそうやし、プロモーションもそうやったけど。この経験をもとに次に生かしたい。

【け】いいんじゃないですか、じゃあ。

【バ】もしかしたらあかんかったというのも、これから新しいアルバムをまた創り出そうと思うんやけど。ほんというと、ここをこうしたかった、、、というのがあったのもゼロではないから、もしかしたら次のアルバムには曲によってはアルバムバージョンで入れるかもしれない。もうちょっと検討して詰めてからやろうかなと。今のところまだわからんけど。

【け】わかりました。じゃあよかった。聴く側で聴いたから。くみ取れて、逆によかったっすわその辺は。

【バ】まあでも今回、出した4発ですぐ何かがすぐ変わってどうのってわけじゃないかもしれないけど、自活みたいなもんでさ。隣の芝生は青く見えたりするかもしれないけど、自分の芝生を青くするしかない。自分の芝生をレベルアップしていくしかないから、それを突き詰めていきたいなあと。

【け】わかりました。

【バ】そして、ご存じの通り俺は弾き語りなら弾き語りだけを極めるんだ!ってタイプではないから。 いろいろ、がんばっていきたいなと思う。

【け】がんばろー。

【バ】ここからさらに今年後半攻めていこうと思ってる。俺なりのやり方でね。

【け】はい、どんどん広げていきましょ。

【バ】俺自身だけがっていうよりは、皆で活躍してこうぜって感じ。厳しい時代やけど、がんばろうぜっていう。

【け】あがろー。

【バ】自分がかっこいいと思うやり方で、やりたいことをやっていく奴が、絶対アツいと思う。

【け】そうですよバルスさん。はい、カルビ。

【バ】ありがとう。(モグモグ)まあ思うのは、その時レベルが1だとしても100だとしても、ヤバいやつはヤバい。ヤバくないやつはヤバくない。でも、俺レベル5やから100に勝てない、、、とか。そう思った時点でアカンと思う。自分が行きたい世界がレベル1000ぐらいのやつがごろごろしている世界やったとしても。レベル5やから一生辿り着けへんわ、、、みたいな。レベル5で1000のとこ行って最初ダメダメでも、最終意志が途切れへんかったら、キモチが折れへんかったらそこで闘っていけると思う。

【け】そうですよ、いろんなところにヒントがある。ヤンキー映画の「クローズ」とかね。ボコボコにされて、そこからみたいな。すべてにメッセージ性がある。俺はそういうところから感じ取れてるし、バルスさんの言うてる事もわかるし、何より今の俺がそれですよ。

【バ】まあ、どうせやるんやったらね、自分の目指すところでやっていった方がおもしろいなっていうのはあるよね。

【け】あかん、一生ビール飲める今日。

【バ】笑

【け】前作のアルバム「音楽」、タイトルにも”音楽”ってありますけど、いろんなメッセージがありつつ。すごく、いろんな意見があると思うけど、僕は一つのなんか、本を読んだ気分で。

【バ】本的な感じ?

【け】物語がけっこう明確に見えて。特に”NO MORE WAR”って。戦争すんなよってことじゃないですか。僕はこの人はアーティストなんだ、ミュージシャンじゃなくてと。何かを伝えたい人なんだと。シングルCDじゃなくて、4ヶ月連続でシングルCDをデジタルでリリースしたじゃないですか。

【バ】うんうん。

【け】アルバム”音楽”に関しては最終、”音楽が持ってる力”がテーマなんかと。今回のテーマを”時間”にした意味、理由っていうのは、何があるんですか?

【バ】結局、俺ら時間の中で生きてるなっていうのがあるやん。時間ない人なんていない。一年やったら一年でいろんな人に会うじゃない。

【け】はい。

【バ】そうやって人生は進んでいくわけやねんけど。ボーとしてても人生は過ぎるし、めっちゃがんばっても人生は過ぎると。成功する奴もいるし、しないやつもいるけど、成功したからすごいとか、成功したから俺はかっこいいとか、あの人が成功したから俺は負けてるとかないなと。時間の中で皆闘うし頑張るねんけど。自分に勝とうが負けようが、世間に評価されようがされまいが。本当にいい仲間に巡り合って、朝までめんどくさい夜とか時間を過ごしたりね。音楽的に全然無駄みたいな時間を過ごして。ていうような思い出が、俺の中で今思い出としても財産、というのがあるから。普通の人から見ればね、何そんな無駄な時間過ごしてるねん。もっと賢くやれよって言われるかもしれんねんけど。無駄で賢くなくて、ダサくて哀れで情けないぐらいの時間が、めっちゃ楽しいんちゃう?っていう。成功じゃなくて失敗とか、なんか残念な別れとか。しょうもない出来事とか。まあ一発目で”音楽”出したから。これで全然、誰に何を言われてもジャンルとか技術とかじゃなくて、まずマインドとして完全に一人の”音楽バカ”というのは出せたと思うから。

【け】なるほど。

【バ】二発目では自由にいきたいんやけど。感謝というのがまず一番目にあって、ソロ活動の中でまだ一回やけどワンマン(ライブ)もやらせてもらったりもしたし。

【け】うん。

【バ】日々いろんな人にお世話になったり応援してもらってて、俺は一人やけど一人じゃないってのを感じててさ。で、そういう人たちとやってきた京都と東京、いろんな人達とやってきた全部の日のライブがムダじゃなかったって思えるし。これからも一過性で終わりじゃなくてさ、どんどんどんどん年々、絆を深めて増していくような活動をしたいなっていうキモチがやっぱり。プラス俺の人生っつーのは失敗も多かったし、いろいろ厳しい事もあったけど。今全部俺のアートになってる。まず、ありがとうって言いたいなと。

【け】4作出した中で、僕は個人的に”オオー!!!”って思ったのはミクスチャー★POP☆アドベンチャーという曲が。

【バ】あ、そうなん?ミクアドが?

【け】たまたま見つけた場所なんでしょうけど。こんなに音と映像がリンクするMVは初めて出会った。

【バ】リンクしてた?

【け】僕の曲とかで例えば曲が鳴ってて、草原で弾いてるとか。合うとか合わないとかじゃなくて、よく観るから。ミクアドはこの音この風景にすごく合ってるという。要は曲なんて、思い浮かべるものじゃないすか。MVは正直なくてもいいと思うタイプで。聴き手が風景を描いて欲しいもんなんですよ、僕は。でも、やっぱり自分の伝えたい世界はこういうもんあんだよっていうのを伝える為に創るのは意味あると思うんですよ。

【バ】なるほど。

【け】で、あれを聴いた時に、イントロ…タッタッター♪要はあれがリフなわけじゃないですか。

【バ】うん。

【け】遊園地の音って何ですか?って聴いた時、応える音って、例えば(東京ディズニーランドの)エレクトリカルパレードだったりとか。たぶん、楽しくないイメージはないと思うんです。

【バ】まず楽しいよね、うん。

【け】遊園地楽しいじゃないですか。遊園地どんな音鳴ってそう?って言われたら、機械音が鳴ってるって思いません?

【バ】確かに。

【け】パンダの100円の乗り物とか、高島屋の屋上とか、メリーさんの羊が鳴ったりするでしょ?あとガラケーの中に入っている単音。メロディ―。着信の。ああいう音すごくイメージするんですよ。それこそレトロですよ。あれを聴いた時に、バルスさんすごいなと。

【バ】どのへんが?

【け】多分、前作の音楽とか音圧戦争のアルバムを聴いてるだけに。あえてなんやろなと。たぶん、いろんなことをできはるんやろな、いろんなことをしたいんやろな、展開していきたいんやなと。で、あそこであのサウンドを生み出したのは曲から歌詞ができたのか、歌詞から曲ができたのか。作品が創られていく花が開いていく過程を教えて欲しいなと。

【バ】あれは全部同時にやって、けっこうすぐできた気がする。ポポーンって。知ってると思うけど日本にはFLOWとかAqua Timez等で知られるPOPミクスチャーっていうシーンがあって、何をMIXすんのかっていう感じで。こういうのは世界的にラウドミュージックの中でもともと盛んになってたけど、POPでもできるやってんなって。その後J-Pop的にいろいろ流行りすたりあったけど、あのやり方自体は間違いじゃなかって思ってて。新しい音楽を創ろうという意気込みがみんなあったから。あのMIX。要は錬金術師みたいなもんでさ。

【け】はい。

【バ】次クルのはこのジャンル!って言ってた流れの中で、まさかの「なんでもいいじゃん」みたいなね。音楽史上初ぐらいの。ミクアドはポップでキャッチ―やけど、時間がテーマやから、シーンの上がり下がり含めていつか終わってしまうもんやけど、いつか終わってしまうもんやけど、楽しんでいこうぜと。結果、楽しいMVにできてよかったよ。まだまだ再生数、これから上がっていってくれたら嬉しいかなと。あと、Dragon Ashが”MIXTURE”ってアルバム創ってはったりするけど。

【け】持ってますよ。

【バ】そんな感じで、ミクスチャーをタイトルにまで入れちゃう。これけっこう冒険やけど。直で表現して。結局はずっと探してるってのを表現している。まだまだ再生数あれやけど、これから増えていったら嬉しいなと。

【け】最後に、疑問に思ってることがあるんですけど。。。コンタクトにしないんですか?笑ライブの中でハンドマイクなんで、(楽しく)暴れるじゃないすか?

【バ】今更取れないというのがあって。メガネを取る時は、、メガネ割れた時とか。

【け】笑。

【バ】なんていうかな完全に粉々になったり、呪いで溶けたりしない限りちょっと厳しい、、、かもみたいな。笑 かけない良さはわかってるんやけど、一周回ってメガネでいこうかなと。まあまあ反射とかするかもしれんけど、くるりとかアジカンもやってるし、、、とりあえず真面目っぽく見えるじゃない?真面目っぽい奴が無茶苦茶なことをする、、、というか。名探偵コナンが両津勘吉みたいなことをしてる。みたいなね。

【け】最近でいうと真逆ですけど三宅洋平さんとかね。真面目そうじゃない人が真面目な事をしてる。そういうことです。今までこの日本でスーツを着てネクタイをする人が日本を良くしましたか?インタビューで聴かれてましたよ。リーダーはいっぱいいて、いいんです。だから僕はこのままいきます。自分が譲れないところは何ですか?って聞かれたら剃れないヒゲですね…と。

【バ】笑 まあポリシーというかね。とりあえず俺はゆるふわな感じのままでまさかのぐいぐいいっちゃいたい。俺さまぁーずがけっこう好きやねんけど、あのユルさ。このそこら辺のにーやんみたいな感じから、あり得ないようなものをクリエイトしていきたい想いで今んとこは風貌の眼鏡でいこうかなと思う。そんな感じっ。

【け】要は前回のライブを観てもおってらっしゃってましたけど、暴れすぎてマイクケーブルがぐるぐるになった、そのメイクケーブルがぐるぐるになった状態を「(これ)バルス」とおっしゃっていたように、メガネが割れた状態も”バルス”…ということですね。笑 ありがとうござました。

【バ】(締めが無駄に)うまいな。笑

BALSE 7th Single「夏とアイスコーヒーと永遠」

「夏とアイスコーヒーと永遠」(7th Single)
2016.08.20OUT 【¥200】
■試聴&DL配信先一覧
■MV
■歌詞

BALSE 6th Single「Nu Skool Rocker」

「Nu Skool Rocker」(6th Single)
2016.07.24OUT 【¥200】
■試聴&DL配信先一覧
■MV
■歌詞

BALSE 5th Single「We can do Anything」

「We can do Anything」(5th Single)
2016.06.30OUT 【¥200】
■試聴&DL配信先一覧
■MV
■歌詞

BALSE 4th Single「ミクスチャー★POP☆アドベンチャー」

「ミクスチャー★POP☆アドベンチャー」(4th Single)
2016.05.03OUT 【¥200】
■試聴&DL配信先一覧
■MV
■歌詞

MV&試聴曲他にも複数公開中!↓↓↓youtubechannel

image
田所けんすけ オフィシャルサイト
http://kensuketadokoro.jimdo.com/

ページの先頭へ