「シューティングスター」

作詞:BALSE 作曲&編曲:BALSE

駆け出した夜の街から 携帯はOFFにしてからね
誰にも秘密でこっそりと あの橋で待ち合わせたんだ

橋からずっと星を見ていた 満天の星を見ていた
二人を祝福してるような 輝きに癒されたんだ

きっかけはたぶん偶然だった たまたまアレがああなって
仲間内の喧騒の中で 密かに心寄せ合っていった

無駄に時間が有り余るほどあった 何でもできる気がしたよ
あの頃の風景や匂い 全部… 全部… 懐かしいよ

スッと消えてったシューティングスター 願う間なくて笑ったけど
僕らの関係もそうでした 今はもう 別々の道を

思えばすべてが儚かった 知ってたけど知らないフリしてた
「ウチらなら、乗り越えられる!」って かわいいお守りくれたよね

この時が 続くと思ってた いつまでも一緒だと思ってた
またここに来ようねってKISSした  あの約束夜空に消えてった
Hey Baby 恋愛とは かくも儚きもんだなと
Hey Baby 運命とは かくも切ないもんだなと 思う

過ぎた日々は戻らない 過ち取り戻せない
でもこれからの自分のストーリーは 自由に描けるはずだから

スッと消えてったシューティングスター 願う間なくて笑ったけど
僕らの関係もそうでした 今はもう 別々の道を
スッと消えてったシューティングスター もう二度と会えないけれど
君と出会えて本当よかった 願う君の ”幸せな人生”を