音楽 INFO

-”夢見るすべての者たちへ”、完成おめでとうございます。

ありがとうございます。

-今回の曲は、バルスらしさを残しつつも、新しいものにも挑みつつな感じで。

実際、アルバム”音楽”をリリースした際に、非常に懸念していた件がありまして。もともとメルマガ読者様限定曲だった”音楽”をアルバムに起用してしまった経緯があって。メルマガ読者様限定だったはずなんですが、思いっきりアルバムリード曲になって、最終的にまさかのタイトルナンバーになっちゃいまして、、、笑

-笑。

ここだけ的なお話をしておいて、的な。なんか、申し訳なくて、、、

-じゃあ、みそぎソング?笑

まあ、いわゆるそうですね笑 音楽という楽曲の完成によって、エイトビートで、メロラップしながらもロックなノリで、パンク的なメッセージ性が高い曲という1個スタイルが確立できた!というのがあったので。もう一度やったらどうなるんかなーと。

-同じようなやり方で新たに創ってみようと?

そうですね。最初、実は音楽もピアノメインで創ろうとしていたんです。実際は一応入ってるんですが、控えめというか。後からがっつり入れたギターを生かしたいので、だいぶ控えたという経緯があって。でなんとなく次はピアノを前に出した曲をやってみたいなと思っていたので、今回、がっつりピアノ系で試してみた感じです。

-バルスノリを出しつつも、ピアノ推しという。

はい、実は今回、新しい試みをしていまして、、、なんというか、メッセージの伝え方というか、風呂敷の広げ方とかで。今バージョンアップ中というか、ちょうどレベル1と2の間ぐらいで、このタイミングで何ができるかなと。音の絡みをより出したり、短めの小節ごとに展開を変えていったり、部分的にいつもよりちょっとコーラスを下げたり等、いろいろ試してみました。

-サビが印象的ですね。で、高速ラップが入っていたりもしますね。

ありがとうございます。今回の高速ラップパートはなんというか、ラーメンでいうとナルトとかシナチク的なイメージ。。完成近くになって、シンプルな曲なんでメリハリをもうちょっと足したくなって、思い付いてグワッと入れてみました。

-でも邪魔になっていないですね

なるべくやりすぎず、自然に元気に入れてみました。

-ここ、後ろにちょっといい感じのピアノのラインが。

はい、後半のこの高速ラップからの駆け上がるようなサブ的な控え目ながら名脇役のピアノパートは、お気に入りなので是非チェックしてほしいと思います。

-タイトル”夢見るすべての者たちへ”について。これは、誰に向けての?

けっこうその、、要は、すべてのって言っちゃってるから、まず夢に向かって進んでいる人。で、特に今夢なんて見てない感じの人にも両方聴いてもらいたい。

-両方?

はい、むしろ見たくない、見ても無駄。夢って何だよバカヤロー、、ぐらいの人にも。最近、不況もあるけどなんか世の中鬱になったり病んじゃう人が日々増えてる印象。普通だった人も、鬱になったり病んでしまったり音楽関係者の中でも、ちょくちょくそんな話を聞いたりします。そういう、厳しい心境の人に 俺が音楽で今投げかけられるメッセージってなんやろうか?と。夢ってどうやって見たらいいの?とか生きる意味が見つからない、、、とかけっこうリアルな悩みの人もいると思う。でも、そういうのはただ考えてるだけで出る答えじゃないかも。まずは駆け出さないと、、、というか。

-夢見ようぜ的な?

はい、見るか見ないかなら、俺は夢は見た方がいいと思う。で、うまくいかへんくて当たり前やから。人生っていうフィールドの中で、がんばって何回も挑戦していくしかない。中盤の歌詞の”痛みもヤミも苦しみも”、、、の部分のヤミは”闇”と”病み”をかけてある。いつか消えるから負けないでってのは、俺の人生経験からの言葉で、何があってもどんな不幸があってもギリギリ生きていれば最終何度でもやり直せるよと。 だから、途中で納得いかないままあきらめないで欲しい。負けまくって、あきらめかけまくった俺から、伝えたい。

-むしろ病んでる人へ?

いえ、あくまでどっちにも。受験や試験、新しい門出、進学とか就職とか、新しい職場とか、環境とか始まったりする人も多いと思うけど。 なんか夢持ってやってたとしても、理想の職とか行けたとしても、、、人生最後までうまくいくなんてたぶん稀で。俺たちは基本、不安定の中でなんとか安定を目指して生きているような ものやから。その中での継続の難しさっていうか。特にキッズ。育ち方もあるだろうけど、最近のコは早い段階であきらめやすいコが多い気がして。

-低いところにハードルを置いて、これぐらいかなと。

そう、ライン、まだ全然浅いんちゃうかい?と。で、実はこの曲、どストレートにリスペクトする”THE BLUE HEARTS”へのオマージュを入れていまして。

-そうなんですね。いわゆる、TRAIN-TRAIN?

はい、TRAIN-TRAINは自分の中で特別な曲の一つで、ホントに衝撃的というか、ヤバかった。歌詞の”はだしのままで飛び出して”というのにまず感動して。 飾っても、続かない。最終的に継続してやれること。最近自分の中で「落ち着きの法則」と呼んでいるんですが、いろいろ手を出しても、最終落ち着いて、自分にとって無理のない、ちょうどいいものにまとまる、という。ハダカでいいやん、ありのままで系的な。

-背伸びせずに、虚勢を張らずに?

いや、でもまず最初はカッコつけて欲しい。カッコつけた上で、なんかのタイミングで気付いて欲しいっていうか。「やっぱり、素が一番いいかも。」って。いきって牙出して噛みついて、歯が折れていたーいってなって、自分のプライドもズタズタにされて、、、から、みたいな。で、TRAIN-TRAINの後半の土砂降りの痛みの中なかを 傘もささず走っていく、、というところ。裸足、裸。、、、とりあえず、雨の中で全裸はけっこう辛い笑

-むきだしで笑

怖いはず。裸で裸足ですから。

-守るものがないと、怖いですよね。

そう。でも結局その怖さ、辛さとか痛みも、結局月日がすべてを解決してくれるから。最近の女子が言う感じでいうと、、 つらたんな時があったとしても、、、

-つらたん笑

そう、つらたん。笑 かなりつらたんなことも、最終的に月日の中でダメージはゆっくり癒されていくから。逆に今の辛い経験やマイナスなことは、必ずいつか人生の糧になる。将来的に考えたら、プラスでしかない。 こんな辛い今が楽しい!と思えたらいいんじゃないか、と。逆に普通の人が体験できてない”成長のきっかけ”を体験できてる!と思えれば。

-人生勉強ですね。

そう、昔は多分人生のセンパイというか。世話好きなおじさまおばさまが沢山いて、そういうのをケアしてくれてた。その時は気付かなくても、さりげに伝えたり、 導いてくれてた的な。今の時代は親も先生もメッセージをあんまり伝えないから、正直、子供の立場としてもなんかメッセージ不足、、、みたいな。 なんかアツい人、情熱教師的なね。熱さ自体「キモい」「汗臭い」とか否定されるような時代かもだけど、逆に、おい熱く生きてるやつって、マジでかっこいーんやで!と伝えたい。

-今回もマジなメッセージソングですね。

ですね。ただ、今回は音楽と違って最初の時点からガチでJ-POPをやってみようと。今、タワレコさんやHMVさん等でわたくしはJ-POPとして扱ってもらってる感じなので、改めて”J-POP”というものを考えたり学び直した時に、J-POPっていうカルチャーは、やっぱすげえなと。J-POPどころか、特にジャンル自体普段意識はしてないけど、今回は実直に、バルス流J-POP!みたいなものを出してみたいなと。

-かなりPOPですね。

ありがとうございます。流行りのJ-POPというのは今流れであると思うけど、今回はオンリーワンな、自分でしか出せない味を追求した感じです。

-間口が、広いですよね。誰が聴いても入りやすいし。

そうですね。特に、人生の中で本気の夢が見つからない。もしくは日々頑張ってるのに誰にも応援してもらえない。自分が必要とされていない気がする、、、 そういう人にとって非常にクリティカルに響く曲になっているかもしれません。あと、今回の曲は気持ち的にシングルスケールで創りました。まさにシングル創るぞ!という気合で。 だから、極端な話で言えば、自分の4th Singleになってたかもしれないノリで。

-約二ヶ月ぶりの楽曲発表ですね。

ちょっと遅れましたね。笑 本当はもっと早くにできてたかもなんですが、でも、練りたくて。複雑にしたいんじゃなくて、どうシンプルにまとめるかという。ピアノの広い音域とかを、どう料理しようか含めて。

-レコ発ライブでもやりつつ。

はい、実験的にやってたんですが、スタジオに帰ってまた可能な限り、、、なんか、もうワンパンチ欲しいな、と。アレンジを重ねた感じです。

-試行錯誤を経ての。

そうですね、難産でしたが。センターは終わったけど、まだ受験シーズンでもあるし、受験生にも是非聴いて欲しい。

-受験シーズン応援ソングとしてもね。

はい、俺 お前応援!とかもうそのまんまですもんね笑 今回のくくりは、スーパー応援歌。 ”がんばろうぜ”も応援歌で自分の楽曲の中では人気曲なんですが、またがんばろうぜ的なアプローチでの応援歌も創りたいけど、今回はこだわりとして”音楽”のやり方で創りたいなと、誰かの今後の人生の生き方の何かのヒントになったらいいな 、、、と思いまして。

-これは完全にメルマガ読者限定プレゼント?

はい。正直、メルマガ読者さんを増やしていきたい想いがあって。なんでかっていうと、 アーティストとしてリスナーさんとダイレクトに”繋がりたい”という気持ち。毎週、自分の気持ちをお届けしたいという想いがあります。で、 メルマガ読者様用の楽曲は今後も増やしていく予定です。その、第一弾!的な意味合いで考えてもらえれば。

-なので、とりあえずメルマガ登録お願いします!と。

ですね。ただ、最近受信できないというか、届かないという読者様からの声も一度頂いていて、今のところほぼ携帯メルアドの方がほとんどみたいなんですが、楽曲プレゼント等もPCからしかDLできなかったりするので、読んでもらうアドレスもPC用のメールアドレスでご登録&観てもらえると嬉しい。もし携帯からの場合は、PCからのメールを受信できる設定でご利用頂く必要があります。

-試聴はできるんですか?

えと、バルス公式Audio Leaf にまあまあ長いのをUP中です。そして、近日MVも制作&公開する予定です。

-お、いいですね。

お楽しみに!です。アンダーコントロール以来、ちょっと久々ですね。

-アンダーコントロールのMVっていつ公開されましたっけ?

去年の秋ぐらいですね。新作、ご期待下さい。超自由な音楽者バルスですが、音楽活動はじわじわ系のローグ系のゲームのような感じで、何度も挑戦しながらじわじわ進んでいきたい。前例のない事も含め試行錯誤でいろいろ試して失敗しながら、研ぎ澄ましていきたいと思ってまして。毎回、成長しながらバージョンアップしていこうと思うので、是非、成長の動向を追いかけて欲しいので、YouTuneバルス公式チャンネル のチャンネル登録もお願いしたい。あと、夢見るすべての者たちへ、略して”夢すべ”と自分は呼んでいるので、みんなも気軽に夢すべって言って呼んで欲しい。

-では、夢すべ(笑)を今回の新曲をライブで聴きたいともし思ったら。

是非、いつでもお気軽にライブ会場に生バルスに会いに来て下さい。直接、伝えます。笑

-最後に一言、お願いします。

今年はなんか、、、大暴れしたいんです。実際に暴れるんじゃなくて、”次はそう来たか!”的な、、なんかみんなの予想以上の動きを 自分でもわからない角度(?)から出していきたいと思います。応援、宜しくお願いします。

BALSE最新曲夢見るすべての者たちへリリース情報

BALSE最新曲夢見るすべての者たちへ試聴リンク

「週刊バルスティックメールマガジン(無料)」
※京都のBALSEの日常報告&最新の音楽制作活動、LIVE、リリース情報等お届け中!
※読者特典:レア楽曲DL、最新楽曲先行試聴、読者様限定フォトギャラリーなど
※携帯のメールアドレスでご登録の場合、各携帯会社側の自動規制で届かない可能性がある為、PCからのメール受信ができる設定にしてご利用下さい。

  • メールアドレス